ハムへのこだわり

吟味を重ねた原料選びと熟練した技術とノウハウ

ドイツのマイスターの製造技術を学んだオキハムのハム・ソーセージには、熟練の技がいかされています。30年にわたって築き上げてきた技術とノウハウをさらに発展させ情熱を込めて作っています。

オキハム製品は、沖縄の古代地下浸透海水「山瑚泉」を使用しています。

山瑚泉って何?

山瑚泉とは古代地下浸透海水のことです。古代地下浸透海水とは太古の昔、地球が清浄の頃から地殻深く珊瑚礁のポーラスに閉じ込められて静かに眠っていた清浄な塩水です。そして、科学物質による汚染がなく、ミネラル成分もバランスよく含まれています。

山瑚泉100%ミネラル含有量

塩分:2.86%  アルカリ度:157ng カルシウム:462mg/l  マグネシウム: 1070mg/l ナトリウム: 8500mg/l  カリウム:342mg/l  (財)沖縄県環境科学センター

ハム・ソーセージが出来るまで

ハム・ソーセージが出来るまでの工程をイラストで説明します。下の工程番号ボタンを順にクリックして、ご覧になって下さい。